パッケージ・包装紙関連の企画・設計・製造|LIBERAL PACKAGEの山田紙器

pageimg

NEWS

10/12
当社ではコミュニケーションを重視するためオフ会・懇親会を頻繁に開催しています。
社員はなかなか参加したがらないのですが、当社はグリーンスタンプ(※グリーンスタンプとは: )の仕組みあり自然と参加者が増えて来ます。 オフ会・懇親会に際してはルールを決めており、幹事はマニュアルに沿って会を進めることになっています。 「オフ会・懇親会を開催するときは、幹事・スタッフは下記の内容にて進行をお願いします。
1)くじ引きで席を決める。
・山田は6番席
・乾杯は7番くじを引き当てた方
・中締めは7番を引き当てた方
・スタッフの席は宴席の端になるよに工夫する
2)定刻までに揃ったらすぐに乾杯する
3)最初にテーマを決めて各自1分以内でスピーチをする
例:私の自慢、マイブームなど
4)後半からマネージャー以上は出来るだけ多くのスタッフと交流できるように席を移動する
5)定刻で(2時間以内)で中締めする
6)最後に集合写真を撮る
7)3日以内に報告書を作成して経費精算をする」 HPをご覧いただければオフ会の多さがご理解いただけると思います。
「飲みニュケーション」を大切にするとお互いの理解が深まり、業務もスムーズに進みます。 山田晴久
10/11
報・連・相を重視するため、報・連・相に関する方針を規定しました。
一部を紹介します。 (基本)
1)報告・連絡・相談を通して問題点、課題を顕在化させ、全社で全てが見えるようにする。報・連・相の遅れはクレームとなりお客様にご迷惑をかけ、会社の損失に繋がります。
2)早くすること。スピードが命。
3)お客様に関する重要な報告は、まず上司と共に社長に報告する。 (実行)
1)仕事の順序は下から上へ、①根回し②打合せ③相談④連絡⑤報告
2)飛び越し命令、飛び越し上申はドンドン行う。ただし飛び越した人への気配り報告は必ず行い、趣旨と経過と結果を説明する。
3)報・連・相は文書として残す。メモでも良い。あとで確認できるようにする。
4)報・連・相はしすぎるというくらいが丁度良い。
5)報・連・相の無い人間は、思いやりの無い人間ですから評価を大幅に下げます。 何度も読み直して、実践して行くようにしています。

▲ ページトップ